赤ちゃん便秘オリゴ糖ナビ

便秘には腸内環境を整えるオリゴ糖が効果的

赤ちゃんの便秘でお悩みのお母さんはとても多いです。苦しそうにしている我が子をどうにかしてあげたいけれど、下剤を使用するのには抵抗がある場合にはオリゴ糖が効果的です。

オリゴ糖自体には下剤のような効果はありませんが、腸内環境を整えるビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌のエサになるのです。腸内環境のバランスが整うと、腸の働きが活性化し便通が良くなるわけです。しかし、その際には注意が必要でなるべく純度が高く質の良いものを選ぶようにしましょう。とてもたくさんの種類がありますが、その中でも便秘に効果的なガラクトオリゴ糖やフラクトオリゴ、乳果オリゴが有名です。

赤ちゃんに必要な母乳にはこのガラクトオリゴ糖が含まれています。

赤ちゃんにも安心なオリゴ糖を比較しました

ランキング1位

カイテキオリゴ

特徴

カイテキオリゴは品質の良い高純度の国産オリゴ糖をほぼ100%使用を良質な製品です。また母乳のオリゴ糖に近いミルクオリゴ糖も入っており、カロリーは砂糖の半分程度で低カロリーですので赤ちゃんの便秘対策には生後1か月くらいから使用しても問題ありません。

総合評価
使いやすさ
掲載情報量

総評

・EOS理論に基づき30種類のオリゴ糖が全てのブフィズス菌をカバーし便秘知らず
・モンドセレクション最高金賞を5年連続で受賞しています
・低カロリー、赤ちゃんにも安心で虫歯になりにくいです

公式サイトはこちら
ランキング2位

はぐくみオリゴ

特徴

はぐくみオリゴに含まれる成分にはキシロオリゴ糖やラフィノース、フラクトオリゴ糖、乳果オリゴ、母乳に含まれている成分のガラクトオリゴ糖など天然成分からなっています。そのため便秘の赤ちゃんや妊娠中のお母さんにもにも安心して使用することができます。

総合評価
使いやすさ
掲載情報量

総評

・オリゴ糖は5種類も含まれていて赤ちゃんが飲む母乳成分も含まれています
・5種類のオリゴ糖全てが天然成分から抽出されているので安心です
・少しずつ便秘を解消していきます

公式サイトはこちら
ランキング3位

オリゴのおかげ

特徴

オリゴのおかげは母乳にも含まれている乳糖から作られていて、アレルギーがある赤ちゃんの便秘でも安心して使用できます。また甘さは砂糖の半分ほどの味なので、赤ちゃんに甘い物を食べさせることに抵抗のあるお母さんでも安心です。またオリゴ糖スティックタイプなら赤ちゃんの離乳食に混ぜやく使いやすいです。

総合評価
使いやすさ
掲載情報量

総評

・母乳や牛乳に含まれる乳糖から作られています
・オリゴ糖スティックタイプは個包装で衛生的に持ち歩きもできます
・甘さも控えめで赤ちゃんの便秘にも安心して使用できます

公式サイトはこちら
ランキング4位

するっと抹茶

特徴

するっと抹茶はグア豆が原料で水溶性の食物繊維のため便が軟らかくなる効果があります。1日に摂取できる食物繊維は約5.5gとなっています。赤ちゃんの便秘には安心のゆっくりと便秘に効いて来る物です。また、てんさい糖には天然ミネラルとオリゴ糖が含まれていてゆっくりと腸内環境を整えていきます。

総合評価
使いやすさ
掲載情報量

総評

・無添加なので赤ちゃんの便秘にも安心です
・ノンカフェインなので妊婦産でも赤ちゃんでも使用できます
・天然のミネラルとオリゴ糖が含まれています

公式サイトはこちら
ランキング5位

乳酸菌革命SUPER

特徴

乳酸菌革命SUPERは1粒に16種類500億個の乳酸菌が含まれていてさらにガゼリ菌、ラビレ菌、ブフィズス菌も含んでいます。添加物も不使用のため赤ちゃんの便秘解消のため毎日飲んでも安心です。オリゴ糖で効果を得ることができなかった人に試して欲しいです。

総合評価
使いやすさ
掲載情報量

総評

・アレルギー予防にも効果的
・胃酸や胆汁で死滅しない有胞子乳酸菌を使用
・添加物不使用なので赤ちゃんにも安心です
・オリゴ糖で効果がなかった人にも試して欲しい

公式サイトはこちら

生まれたばかりの赤ちゃんの腸内には善玉菌しかいないと言われています。しかし、呼吸をしたり何かを飲み込んだりしているうちに悪玉菌が増えてくるのです。赤ちゃんの便秘は重症化すると、嘔吐や腸閉塞などを併発する可能性もあります。

ですのでオリゴ糖で便秘予防をしてあげるのは大切なことです。もちろん赤ちゃんに使用するのであれば、安心できる成分を使用しているオリゴ糖商品を選ぶべきです。無添加であることや高品質のオリゴ糖であることに加えて、虫歯を防ぐためにも砂糖などを加えていない物を選ぶようにしましょう。

赤ちゃんは話すことができないので、なかなか便秘に気づくことが難しいです。そのため普段から便の状態を注意してみておくようにしましょう。

カイテキオリゴで便秘知らずの体質に

便秘になると、お腹が張って気分が悪くなったり、肌荒れを起こしたりと、体に次々と不調が現れます。この最近腸内フローラなど、腸内環境を整える事が、健康に繋がることが広く知られるようになってきました。腸内環境を整える為には、発酵食品や食物繊維、オリゴ糖などが有効的であるとされています。便秘薬などを使用して無理やりに便秘を改善するよりも、毎日の食事で改善した方がより自然で体にも優しいと言えます。その中でもオリゴ糖は、腸内の善玉菌と結びついて、腸内環境を整えていきます。

カイテキオリゴという商品は、通販のみの販売にも関わらず最も売れている商品とされています。カイテキオリゴの特徴としては、一般的な商品は1種類のオリゴ糖だけで作られているのに対して、複数のオリゴ糖を組み合わせて30種類以上のビフィズス菌と満遍なく活性化できる点です。またその形状を一般的なシロップにするのではなく粉末にすることによって、純度が高い状態を保てます。しかし粉末にすると吸水力が高まり固まってしまいがちですが、カイテキオリゴは、最後までサラサラのまま使える工夫がされています。

カイテキオリゴの成分は、独自の理論に基づいて、北海道産の甜菜糖や牛乳などの、全て自然由来の素材から抽出しています。高濃度で高品質な安全安心なナチュラル製品なので、赤ちゃんからお年寄り、妊婦まで幅広い層の方が利用しても大丈夫です。生後間もない赤ちゃんに飲ませても大丈夫かと心配な方もいるかもしれませんが、お母さんの母乳にはオリゴ糖が含まれてあるとされています。カイテキオリゴは粒子が細かくて溶けやすいので、ミルクやお白湯に混ぜてあげると、飲ませやすいでしょう。また既に離乳食を進めている赤ちゃんなら、ご飯と一緒に混ぜてしまえば、簡単に摂取できます。

公式サイトはこちら

子供の便通があまりよくないときに検討

良く食べ物を食べたら便が出て、食べなければ出ないのではないかと考えてしまいそうです。便は食べ物のかすだけが出るのではなく、体の中で不要になった細胞なども出てきます。ですから、固形の食事をしていなくてもどんどん出てくるのが普通になります。赤ちゃんは母乳やミルク、もう少し大きくなったとしても離乳食などです。便秘でも食べていないから問題ないとしてそのままにしているのは良くありません。定期的に出ているかを確認しないといけません。出にくい時には、オリゴ糖が入ったカイテキオリゴを使ってみると良いかもしれません。

オリゴ糖の入ったカイテキオリゴは、大人が便秘の解消のために食べることが多い健康食品です。元々は自分自身で食べたことがあり、それなりに効果を感じていました。赤ちゃんがあまり便通が良くないことから、マッサージをしたりして出るようにしてあげていましたが、あまり効果がありませんでした。そこでミルクに混ぜて飲ませてみました。分量を間違えさえしなければ、誰でも利用することができる商品なので、まずは少しずつ入れてみました。いきなり効果が出るわけではありませんでしたが、少しずつ効果が出てくるのがわかりました。

それまでは毎日出ることがなかったのですが、赤ちゃんのおむつを替えるときにほぼ毎日出るようになりました。最初や緩めのものが多かったですが、次第に適度な硬さで安定するようになりました。カイテキオリゴには、食物繊維が多く含まれているオリゴ糖が入っているので、その効果が出てきたのかもしれません。便秘気味だったのがウソのようになりました。赤ちゃんは便が出ていなくてもあまり気にしませんが、それが習慣化してしまうのは良くありません。親の方で早めに対処してあげることで、元気に育てることができます。食欲も出てきているようです。

案件紹介

コラム記事